= かってにあげま賞 =

おもしろWEB科学館賞

北限からの富士山撮影成功

平成12年1月10日


平成12年1月10日午後4時40分ごろ、福島県岩代町の日山(1,058.6メートル)から富士山の頂上部の撮影に成功しました。撮影したのは福島県職員鈴木一雄さん(44才)。これまで30回以上撮影を試みたが快晴の早朝でも見えずあきらめかけていた。今回の成功は、日没直前に撮影したためという。

日山は山理論上富士山の見える北限のとして知られており、富士山より299キロの距離のところにあります。岩代町は昨年3月から懸賞金付きで撮影を呼びかけていました。これまで富士山が撮影された北限の山は248キロメートル離れた同県南部の三株山(841.8メートル)だった。

[朝日新聞1月27日]


当おもしろWeb科学館は、撮影に成功した鈴木一雄さんと、この愉快な企画を考えた岩代町、理論上見えるハズと予言したソフト制作関係者に対し、おもしろWeb科学館賞をおくることを1月28日、勝手に決定しました。

戻る