月のヒミツ(その2)

月と地球のシンクロナイズド運動

どうして月が同じ面だけを地球に向けるのかという理由を考える前に、地球の周りを回る月の運動を調べて見ましょう。この運動には、シンクロナイズド運動ともいうべき、あるきれいな運動の一致があります。


月は地球の周りを29.5日で一周します。これは地球上から月の見た周期で、これを朔望月といいます。この間に月はちょうど1回自転します。言い換えれば月の公転周期と自転周期が同じで、これが29.5日なのです。この一致ために月はいつでも同じ面を地球に向けているのです。

なぜ2つの回転運動の周期が一致するのでしょうか。これがナゾなのです。

実際は地球は止まっているのでなく、太陽の周りを1年かけて1周する公転運動をするので、この運動分を補正すると月の公転周期は27.21日となります。これを交点月といいます。

月のヒミツ(その3)を開く。